【Tuesday Tea Talk】今話題の次亜塩素酸水についてお伝えしたいこと

コロナウイルスの感染拡大に伴って、世界中の人々が苦しんでいます。イギリスでも多くの人々が職を失い、重度の障害を持った人々は思うようにケアが受けられない中、多くの介護士さんたちが夜も眠らず働いていらっしゃいます。

それ比べて、日本では人々がともに助け合い、一人ひとりが責任感を持って行動しているためか、被害の拡大が緩やかにみえます。私は、日本人としてそれを誇りに思うと同時に、日本の経済が一日でも早く回復することを祈るばかりです。

そんな日本でショッキングなニュースの話を耳にしたのはつい数週間前のことです。日本政府が次亜塩素酸水がコロナウイルス対策に効果はない、という公式見解を示した、というのです。このニュースが私にとってとても悲しいものだった理由、それは研究者である私の父が次亜塩素酸研究の第一人者であり、私達家族は昔から家庭で除菌や殺菌に使ってきたからでした。

私は専門家ではありませんから、私が皆さんの前で研究した成果をお示しすることはできません。むしろ化学も、物理も大の苦手です。ですから、こんな私がここで声を上げたところで、説得力はないかもしれません。けれど、こんな私でも自身を持って言えることがあります。父は私が世界で一番尊敬するサイエンティストです。父は昔から、自分の研究が公共の利益になればという思いで、何10年も研究してきました。もし、1ミリたりとも人体に悪影響のある可能性があるものを、世間のみなさまにおすすめしません。

私の祖父ががんを患って闘病していた頃、家族は面会にいくにも風邪や変なウイルスを持ち込まないようにと、それはそれは気を遣っていました。父が技術提供を行った『空気清浄機ジアイーノ』もそういったご家族がより安心して一緒に暮らせるようになる、そんな優しい気持ちを込めて協力させていただいたと聞いています。

どんなに滋養のあるものも、食べすぎると痛風のもとです。何事にも正しい量と、使用方法があります。とても危険なのは、正しい知識もない芸能人や素人の方が様々なメディアを通して、自己流の使い方や知識を披露されていることです。次亜塩素酸の研究者は日本中にいたとしても、最も信用性の高い研究を行っている権威がこの分野には既にいます。

もし私の父が研究者でなくて、私の周りにも次亜塩素酸水に関する見識を持っている専門家がいなかったら、きっと私も、この騒動で慌てたうちの1人だったと思います。なぜなら、知識ない上に、政府が効果がない、人体に悪影響を及ぼし兼ねない、と言っているのだから。

けれど、1つみなさまに知っておいて頂きたいのは、政府の役人か例えどれだけ優秀だったとしても、その道何十年も研究を重ねてきた研究者と比べたら、素人同然だということ。なぜ、素人がその道の権威者の意見を仰ぐこともなく、独自の研究チームに実験を行わせ効果がないと決めつけることができたのか。父の著書から、自分たちの都合のいい部分だけを抜粋し、研究結果に重みをもたせようとしなければならなかったのか。

学校で次亜塩素酸水の噴霧が禁止になりました。これからクラスターがあちこちで発生したら、父やその他の研究者の方々はなんのためにこの何十年も費やして社会に貢献してきたのでしょう。

決めるのはあなたです。けれど、その前に、専門家のお話も聞いてみませんか。父が専門知識のない方にもわかりやすく解説しています。1時間13分ころから父が説明しています。

ぜひ、専門家の話を聞いて、それからご自身がよりこのパンデミックを安心して乗り切れる選択を選ぶことができたなら、それがどちらの判断だったとしても私も父も嬉しく思います。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s